チャットレディは在宅ワークでもOK

副業している人

副業を始める時に一番に考える条件は何でしょう?人によってバラつきはありますが、主に自宅か外に働きに出るのではないでしょうか。
専業主婦や勉学に励んでいる学生、普段は会社員として頑張っているOLにとってダブルワーク先にまで移動時間かけたくないと感じる人もいます。

「収入を増やしたいけど外に働きに出られない」という女性には、チャットレディをおすすめします。
ネットを介して働くチャットレディは、満18歳以上の女性なら誰でもお仕事スタートできます。
また自宅だけでなく、通勤スタイルもありどちらのニーズにも応える仕事です。

通勤スタイル

自宅にいながら仕事を開始できるチャットレディですが、「自宅と職場は分けたい」という声にも対応しています。
在宅型と通勤型、どちらが働きやすいと感じるか確認してみましょう。

在宅

「仕事を始めたい!」と思ったその日に、自宅で仕事を始められて収入をゲットできるのはとても魅力的ですよね。
チャットレディは、在宅でもOK。自宅にネット環境があれば、いつでも場所を選ばずに働けます。

会社によっては、WEBカメラやインカム(マイク)を貸し出してくれる企業もあるため機材がなくて働けないという事態は起こりません。
スタッフは近くにいませんが、24時間365日電話やチャットで問い合わせができるので機材トラブルが起こっても安心です。

会社でもOK

「プライベートと職場は分けたい」という方には、通勤型のチャットレディが最適です。
女性が登録している企業の中には、通勤スタイルがOKな場所も。
出退勤を他人に見られても、仕事内容まではバレないようになっているため身バレもしません。

女性1人に対して一部屋準備されていて、部屋も防音仕様。パソコンやWEBカメラといった仕事に必要な機材は完備済みです。
空調設備やセキュリティ面、スタッフによる清掃が毎回入るなどとても働きやすい環境で仕事に取り組めます。
別部屋にスタッフもいるため、安心安全に働けます。

仕事内容

「知らない人と会話続くかな」「沈黙が続いたらどうしよう」と思っている人に、会話のコツについて紹介していきます。
チャットレディは、通話やテレビ電話で男性と会話をする仕事です。もし男性と会話が続きそうもなかった場合、オウム返しと質問攻めするのをおすすめします。
それではさっそく詳しく見ていきましょう。

会話のコツ

話題に困ったら「夕飯は何食べたの?」「今日の仕事はどうだった?」と、家族や友達に話すような内容を男性に聞いてみましょう。

男性が「今日はハンバーグを食べたんだ」と返してきたら、オウム返しで「ハンバーグ食べたんだ!美味しかった?」と同じキーワードを盛り込んで返事をしてみましょう。
すると、相手も自分の話をきちんと聞いてくれているのだなと感じてくれます。

自分が話している時に、適当な相槌を打たれると話を聞いているのかいないのかわからなくなりますよね。
そんな時にオウム返しは便利です。

また自分から喋ろうとしない男性もいます。会話を始めようとしない男性には、たくさん質問をしてみましょう。
だんだんと相手の性格や好きなものが分かってきて、会話の幅が広がるケースもあります。

メリットとデメリット、向いてる人

「ネット上で働くなんて私に向いているかな」と、不安になるのも仕方ありません。
誰だって新しい職業にチャレンジする時は、不安や緊張を感じます。ここではチャットレディに向いている人の特徴を伝えていきます。

<向いている人>
・考え方が柔軟、相手に話を合わせられる
・一人で淡々と仕事するのが好き
・行動力がある
・お金が必要、貯めたい
・メンタルは強い方だ

その他にも趣味が多い人やオタク気質、体調管理ができるなどの特徴があります。
ひとつでも当てはまる人は、気軽にチャットレディに挑戦してみましょう!